うぃろぅ.log

140字で綴りきれない日々の徒然備忘録

【Ruby】 三目並べのコードを読む

うぃろぅです。

業務時間で暇なとき作業の空き時間が生じたときにCodewars遊ぶ自己研鑽に励むことがたまにあるのですが、その中で「なんやこれ…」ってなったコードがあったので読み解いていきます。

今回の課題

「Tic-Tac-Toe Checker」というKata(問題)。

www.codewars.com

Codewarsに登録済みの方は上記リンクからとべる。

内容は以下。雑に訳すので間違ってたらゴメン。

「Tic-Tac-Toeゲーム(三目並べ / ○×ゲーム)」で遊ぶとき、勝敗を判別する機能が欲しいよね。そのチェックをする機能を作ることが目標だよ。

盤面は3 * 3で、次のように配列で表すこととする。
0は空白、1×2とする。
配列:
[[0, 0, 1],
[0, 1, 2],
[2, 1, 0]]

入力に対して以下のように返したい。
-1: まだ勝負がついておらず、空白(0)が存在する
1: ×の人が勝利している
2: の人が勝利している
0: 引き分け((○×ゲームにおいては?)cat's gameと言うことがある…のかも)

例外処理は考えないものとして進めていく。

自分のコード

def judge(arr)
  arr.uniq.size == 1 && arr.first != 0 ? arr.first : false
end

def is_solved(board)
  if result = (0..2).map { |j| judge((0..2).map { |i| board[i][j] }) }.find { |r| r } ||
  (0..2).map { |j| judge((0..2).map { |i| board[j][i] }) }.find { |r| r } ||
  judge((0..2).map { |i| board[i][i] }) ||
  judge((0..2).map { |i| board[i][2 - i] })
    result
  else
    board.flatten.include?(0) ? -1 : 0
  end
end

特に何も思いつかなかったので特に難しいことはしていなくて、愚直に勝敗に関係する並びのパターンを書いて勝敗チェックをするメソッドを呼ぶ、という流れ。
勝敗がついていたらその値を返し、ついていなかったら0の有無によって出し分ける。

おしゃれなやり方が思いつかなかったのでとりあえず通して先人の知恵を借りよう、という意図がちょっとある。

見直してみると0..2を変数か定数にした方が見やすいなこれ。まぁそれは置いておくとして。

参考コード

で、答えた後に参照できるコードから自分の学びに活かそうとした結果これが最初に出てきた。

def is_solved(board)
  case board.join
  when /1..(1|.1.)..1|1.1.1..$|111(...)*$/ then 1
  when /2..(2|.2.)..2|2.2.2..$|222(...)*$/ then 2
  when /0/ then -1
  else 0
  end
end

なにこれ…さぱらん(さっぱりわからん)…。

ということでこちらを読み解いていくのが今回の目的。

joinの結果を見る

board.joinで何が得られるのか。やってみた。

$ irb
irb(main):001:0> board = [[1, 1, 2], [2, 1, 1], [2, 2, 1]]
=> [[1, 1, 2], [2, 1, 1], [2, 2, 1]]
irb(main):002:0> puts board.join
112211221
=> nil

なるほど単純に全部結合していると。Array#joinなのでstringで得られる。
多次元化していても平滑化する。便利。

ref.xaio.jp

正規表現でチェック

ということは結合した文字列に対して正規表現を使ってチェックを行っているっぽい。

どちらかが勝つパターン

今回の場合は12が勝つパターン。大別すると以下。

  • タテ
  • ヨコ
  • ナナメ

/1..(1|.1.)..1|1.1.1..$|111(...)*$/を解析する。

regular expressionsに貼り付けて挙動を確認してみるとわかりやすい。

ヨコ

ヨコが一番簡単で、/1..(1|.1.)..1|1.1.1..$|111(...)*$/111(...)*の箇所がそれ。

111が1回、任意の3文字が0回以上。正しい入力がここまで来る想定なのでこれで問題なし。

タテ

純化すると1..1..1がどこかにあれば良いということになる。

/1..(1|.1.)..1|1.1.1..$|111(...)*$/1..(1|.1.)..1|の箇所がそれということになる。

ナナメ

^1...1...1$(複数行でないため\A\zでなくても良い認識)か、^..1.1.1..$がナナメ。後者は1.1.1..$でも良い。これのせいで正規表現が若干ややこしくなっている。

タテの1..1..1とナナメの1...1...1が合わさり、1....1を共通化した結果1..(1|.1.)..1となる。
1.1.1..$は上記で書いたパターンそのまま。

ということで

解析した結果

/1..(1|.1.)..1| # タテ / 左上→右下のナナメチェック  
1.1.1..$| # 右上→左下のナナメチェック  
111(...)*$/ # ヨコチェック

ということがわかった。なんてスマート。

勝者がいないパターン

あとはもう消化試合。勝者がいないパターンかつ0があったら-1を返し、どれでもなかったら0を返却する。

今回の学び

正規表現を使うことはもちろんあったし知識として知ってはいるが、この問題に応用できなかった。
正規表現センターを研ぎ澄ませていきたいところ。

自分のコードと参考コード

github.com

main.rbが自分で考えたコード、clever.rbが参考コード。
テストコードつき。

いやーこれは楽しい。まだまだ成長できるなぁ。

ではまた。

【備忘録】 リーダー向け(と銘打たれている)心理学

うぃろぅです。

別にどの曜日なら働きたいかって訊かれても「できることなら働かないでお金が欲しい」に帰着しますがそれでも木曜日の「今日頑張ってもまだ1日頑張らなきゃいけない」感はとても苦手で、それのせいなのか木曜日はあまり好きではありません。
だったら水曜日はどうなのさ、ということで考えてみても「まだ折り返し地点かよ」としか思えず結局好きか嫌いかだったら嫌いよりなわけです。そんな水曜日。今日も頑張って生きていこうね。

今日のテーマ

プロジェクトリーダーのための心理学 基礎編

「基礎編」とあるが「実践編」も「応用編」もe-ラーニングのメニューに存在しない。はて。

心理学の重要性

  • プロジェクトにおける心理的問題を説明できる
  • 心理学の必要性を説明できる

が目標。

心理学の視点

  • 精神分析
    無意識を解釈する分野。フロイトで検索だ。今回はフォーカスを当てない。
  • 認知心理学
    どう解釈するか、という分野。「なんでこれやってないの?」という質問を純粋に理由を訊かれたと解釈するか、責められていると解釈するか、みたいな。
  • 行動主義心理学
    パブロフの犬のように「ベルが聞こえたら餌が出てくる」と考えるような行動に付随する分野。反対意見を聞くとつい熱くなっちゃう、みたいな。
  • 人間性心理学
    自己実現」という言葉はこの分野から使われだしたと言われている。人間の肯定的側面に注目した分野。

という全体感がまずある。ここから「プロジェクトで使える」をキーワードにいくつか見ていくこととなる。

チームマネジメント

  • 求められるリーダーシップとは何かを説明できる
  • 効果的なチームマネジメントとは何かを説明できる

を目標とする。

チームにおけるキーワード

  • 雰囲気
  • 居心地
  • 連携
  • 信頼

といったことを念頭においてチームについて考えてみよう。
最近では「心理的安全性」という言葉も聞くようになってきた。

www.dodadsj.com

多分このe-ラーニングでは解説されないだろうと考えているため参考記事を貼っておく。
「チーム vs 課題という考えが根付いているため、遠慮せずに指摘ができる」ということが大事。
決して「これを言うと相手が傷つくかもしれないからやめておこう」ではない。プログラムの前ではみんな平等。忖度という言葉はコーディングされていない。

リーダーシップとは

チームを目標達成に導くよう影響を与える能力のこと。

リーダーシップの特性

  • 知性
  • カリスマ性
  • 決断力
  • 勇気
  • 誠実
  • 謙虚
  • 共感
  • 適応力
  • 馬力

なんてワードが挙げられるだろうか。物語の主人公みたいだな。
決して全部兼ね備えていなければならないわけではない。

リーダーシップのスタイル

  • PM理論
  • パス・ゴール理論

について見ていく。

PM理論

PM理論 – リーダーシップインサイト

  • P(Performance)機能
    目標達成に向けて行動する
  • M(Maintenance)機能
    チームの維持 / 強化に向けて行動する

上記2つの機能の高低によってリーダーシップを4つの類型に分類し評価する理論。

高いを大文字、低いを小文字として

  • PM型
    目標達成と人間関係両方配慮するリーダー
  • Pm型
    目標達成に重点を置くリーダー
  • pM型
    人間関係に重点を置くリーダー
  • pm型
    目標達成にも人間関係にも消極的なリーダー。リーダー…?

と表す。見たとおりでわかりやすいね。
自分の位置を見極め、これが足りていない、と自覚して行動することが大事。

パス・ゴール理論

パス・ゴール理論 – リーダーシップインサイト

「チームメンバーが業務目標(ゴール)を達成するために、リーダーがメンバーの欲求などの個人要因と組織体制などの環境要因とを関連付け、支持や指導などの道筋(パス)を示し、行動する必要がある」という理論。

リーダーがとる基本的な行動には

  • 指示型
    スケジュールを提示し、タスクの達成方法を具体的に指示する。
  • 支援型
    部下のニーズに気遣いを示し、サポートを行う。
  • 参加型
    決定を下す前に部下に相談し、提案を活用する。
  • 達成思考型
    困難な目標を達成し、部下に全力を尽くすよう求める。

の4種類あり、これに

  • 環境的条件即応要件
    組織体制やタスク構造
  • メンバーの条件即応要件
    経験や能力、ローカス・オブ・コントロール1

という要素が加わって結果が得られる。
各種要件によって行動を適切に選択することが重要。しっかりメンバーを理解しよう。

効果的なチームマネジメントのために

  • ビジョンの明確化
  • 効果的なチーム編成
  • チームの同期付け

を意識することが重要。

ビジョンの明確化

達成すべき目標を明確にすることでチームメンバーが同じ方向を見るようになる。
そのため、会話にズレが生じにくく、一体感が生まれやすい。

効果的なチーム編成

www.wowcom.co.jp

それぞれのスタイルの人がいればいいよって以前何かで読んだ。

pras.wp-x.jp

そしてチームの人数が多すぎると効率が落ちる。適宜サブチームを作るなどして細かくしよう。

チームの動機付け

vviilloovv.hatenablog.com

あ、○○でやったところだ!! みたいな。
読み直したら割とちゃんと書いてる。私えらい。こまめに自分を褒めよう。

コミュニケーションマネジメント

  • 印象形成について説明できる
  • 自己開示とアサーションについて説明できる

を目標とする。

コミュニケーションをめぐる問題

コミュニケーションの範囲広すぎ問題。

  • メール
  • 会話
  • ドキュメント

全てのやりとりはコミュニケーションといえる。
まずはあいさつをしっかりするところから始めよう。今の職場は出社したときに挨拶返してくれる上司の方が少ないけれども

コミュニケーションとは

人と人との意思疎通のこと。

雑談も生産性向上には必要となる。個々の事情を知るとか得意分野を知るとか。

言語 / 非言語コミュニケーション

多くの情報は言葉以外の手段でやりとりされている。
おおよそ65%だとか。前どこかの備忘録に書いたな。

ストロークを意識する

相手の存在や価値を認める / 否定するための言動や働きかけのこと。

  • 暖かい
  • 普通
  • 冷たい
  • 無視

のように分けられる。
態度に温度差をつけることで「叱っている」「褒めている」のメリハリをつける。

相手に成長してもらう、という観点で見ると「適切に叱る」と「適切に褒める」は同義であるとのこと。なるほど。褒めて褒めてー。

親近効果

後から印象が良くなった方がより良くなったように感じる効果のこと。
不良が子犬を助けるあれ。

自己開示

potect-a.com

自己分析の方法として「ジョハリの窓」がある。
適切に自己分析をし、自己開示をしていくことで「こういう考えで動いているんだな」ということがわかるようになる。結果話しやすくなる。

人には「返報性」という性質があり、自分から情報を開示することで相手も情報を開示してくれるようになる。情報だけでなく感情もそうで、悪意を向けると悪意が返ってきやすく、善意も然り。目には目を…はちょっと違うか。

アサーティブ・コミュニケーション

vviilloovv.hatenablog.com

vviilloovv.hatenablog.com

あ!これ(ry

詳しくは以前書いた。

モチベーションマネジメント

vviilloovv.hatenablog.com

やったよ!!これもうやったよ!!ど真ん中ストレートだよ!!!!

ferret-plus.com

ハーズバーグの二要因理論 – リーダーシップインサイト

よく見る言葉をいくつか。詳細は割愛する。

公平感

keieimanga.net

経営用語があるらしい。うまいこと不公平感を減らしていくように頑張ろう。

期待感

www.motivation-up.com

期待理論 – リーダーシップインサイト

期待していることを伝えると応えてくれるということがある。しっかり伝える、ということが大事。

studyhacker.net

全力で取り組んでもらうためには成功確率が50%くらいの目標が良いとのこと。
50%くらいで何とかなりそうな目標を「少し難しいとは思うが君なら出来ると信じている」みたいにふればやってくれそうと。ふむふむ。

ストレスマネジメント

  • ストレスが及ぼす影響について説明できる
  • ストレスへの対処法について説明できる

を目標とする。

ストレスとは

とてもざっくり言うと刺激に対する反応のこと。

刺激する側、ストレスの原因となるものをストレッサーと呼ぶ。

ストレス反応が体に現れる場合は体調不良が挙げられ、心に現れる場合はうつ病適応障害が挙げられる。

ストレスの尺度

diamond.jp

知らなかったけれど尺度があるらしい。
配偶者の死がトップということで、配偶者がいない私には全く関係ないな!!(血涙)

ストレスを生じさせる要因

  • 仕事上の要因
    プレッシャーや人間関係など。
  • 仕事以外の要因
    育児や介護など。
  • 個人要因
    行動パターンや受け取り方など。

心の危険信号

  • 勤怠の乱れ
  • 元気がない
  • 対人関係悪化

要注意らしい。
私の話をするととある毎日終電でかえる系プロジェクトにいた際、1ヶ月毎日「電車遅延のため遅刻」をしたことがあった。
通勤時間が2時間ちょっとだったため、確かにどこかしらで遅れるのだが今思うとアレがストレス反応だったのだと思う。いやあタイヘンダッタナァ。

ストレスへの対処

  • ビリーフ
  • コーピング

について見ていく。

ビリーフ

考え方や受け取り方が感情に影響を及ぼすこと。

www.counselorweb.jp

この「B」が受け取り方(Belief)を表す部分。

ここをポジティブにしてみようよ、とつまりはそういうことである。
まぁ難しいところよね。

コーピング

ストレスを生じさせる要因を特定し、そこから逃げたり対処したりする。

ストレスコーピング 自分でできるストレスマネジメント - J-Stage

このPDFが詳しい。

心のケア

shuchi.php.co.jp

style.nikkei.com

まずは気付き、自分から改善するためにどうするかを考え、行動する。これが大事。

まとめ

では、ここまでのことをプロジェクトに活用するにはどうすればよいのか。

まずは覚えておくこと。知識のインデックスを作っておくことで「おや、この状態は良くないのではないか」ということを早期発見できる。

実際に「あの人にはこうすれば良いのではないか」を考え、実行していけば少しずつ身についていくのではなかろうか。

今回はここまで。
仕事をすること自体がストレス?? まぁそんな人もいるでしょう。
そんなときは「はたらく言葉たち」の文章を改変して遊ぼう。

www.hatakoto.jp

私からは以上です。

ではまた。


  1. 原因の所在をどこに求めるか、ということ。自分なのか周囲なのか。

【備忘録】 アルゴリズム概論

うぃろぅです。

今日はアルゴリズムについて。「ロジック研修」なるタイトルがついていましたがまぁアルゴリズムのことでしょう。多分。やっていきます。

今日のテーマ

アルゴリズムについて

アルゴリズムとは

問題を解決するための処理手順のこと。

「どのような仕事」を「どのような手順」で行うかを明確にすることが大事。

例えばカップ麺を作るのであれば

  1. 水を沸かす
  2. ふたを半分ほど開ける
  3. かやく等のものがあったら取り出す
  4. 先入れのものがあったら入れる
  5. お湯を入れる
  6. ふたを閉める
  7. 指定の時間待つ
  8. ふたを開ける
  9. 後入れのものがあったら入れる
  10. 食べる
  11. 美味しい!!

という手順を書き起こせる。これがアルゴリズム

処理手順

上に書いた例で概ね説明できている気がする。
プログラムは思ったとおりには動かず、書いたとおりにしか動かない。

手順が間違っていてもそのとおりに実行するというわけである。なのでちゃんと手順を作成しようね、というお話。

表現手法

書き方は何通りもあるが、統一された書き方があれば他人に理解しやすく、自分も作業を進めやすい。毎回手法から決めるのは時間のムダになるし。

そこで統一規格を使って流れ図を書くようにすればいいよね、というお話。

基本構造

アルゴリズム

  • 順次構造
  • 選択構造
  • 反復構造

の3つで成り立っている。

順番に見ていく。

順次構造

上から下へと順番に処理を行い、戻ることがない構造。

いわゆるウォーターフォールみたいなもの。

脱線するけれど今私は新人研修の講師を担当していて、新人くんに自分が書いたフローチャートの説明をしてもらうことがある。
その中の1人に「配列の添え字2の値、いわゆる7に対して~」と説明する人がいる。
いわゆるって「俗に言う」みたいな意味だと解釈していたため、言葉の概念が乱れてもう説明どころではなくてんやわんやになってしまうわけだけれどいわゆるって言わないよね…?

閑話休題。どんどん続けていく。

選択構造

「雨であったら傘を持っていく」「そうでなければ傘をもたない」
というように条件によって行動を出し分けること。
つまりはプログラム言語1で使うif

反復構造

繰り返し処理。

「水が沸騰するまで」「やかんを確認する」みたいな。

C言語でのforwhileRubyだとmapとかeachをよく使うかなぁ。JavaだったらStream()が便利で最近forをあまり書いていない。

アルゴリズムの考え方

大枠を捉えてから詳細をつめていく、という流れがわかりやすい。

目をめちゃくちゃ描きこんでから顔の輪郭を描く、という人はあまりいないでしょ。そういうこと。ちなみにそういう手法をとる人もいて、そういった人は私に見えていないものが見えている。ちょっと羨ましいがないものねだりをしても仕方ないため、一般的な手法に頼ることになるのである。日々妥協していこうな。

アルゴリズムの基本

よくあるフローチャートの描き方について。

データ

プログラムは処理に必要なデータを目に見えない領域に保存している。
例として電卓が挙げられていて40 + 10 =と入力するとき、10を入力したときに40の表示は消えているが、=を入力するとちゃんと結果が表示される。これは40+といったデータを覚えておく領域を用意しているから実現できている。

領域図

上記のデータ格納よう領域をベン図のように表す。ただし領域同士は重ならない。

フローチャート

www9.plala.or.jp

JIS(日本工業規格)に沿って描かれたものをJISフローチャートと呼び、これによって処理の流れを統一規格で表すことができる。

描いていけばそのうち覚えるため、最初から全て覚える必要はない。

アルゴリズム作成手順

  1. 完成した状態を考える
  2. フローチャートを描く
  3. トレースをする
    実際に動かしたときの値の変化を確かめる

が基本。領域は必要なときに確保すれば良さそう。

基本的なアルゴリズム

ここでは

  • 加算
  • 交換
  • 判断
  • 繰り返し

について見ていく。

加算

領域に入っているデータを加算する。読んで字のごとく。

領域Aに入っているデータと領域Bに入っているデータを加算し、領域Cに代入する。
領域Aに入っているデータを置き換える場合必要な領域は2つ、領域Cに代入する場合必要な領域は3つ。

交換

領域Aに入っているデータと領域Bに入っているデータを入れ替える。

領域A領域Bを入れ替えるためには作業用領域が必要となるため、こちらも領域は3つ必要となる。

  1. 領域Aのデータを作業用領域に退避(コピー)
  2. 領域Bのデータで領域Aを上書き
  3. 作業用領域のデータで領域Bを上書き

という流れ。交換する領域の数より1つ多い領域を確保することがポイント。

判断

条件を判断して処理を振り分ける。選択構造の要。

領域A領域Bを比較する。比較する数分の領域があればOK。

繰り返し

条件を満たすまで処理を繰り返し実行する処理。反復構造の要。

ループカウンタを用意するのが大事。繰り返すかどうかで判断の処理も使われている。
あとループカウンタの加算処理(負の値の加算、乗算は指定回数の加算)も行う。

頑張れば繰り返し処理を記述しなくてもどうにかならないではない。現実的ではないが。

配列

データを複数入れる箱。プログラミング界隈ではお馴染み。

細かい解説は…いいか。わかるし。

集計

ここからはこれまでのアルゴリズムを組み合わせた応用。

集計とは

複数のデータを合計する処理。

考え方

集計対象のデータ分繰り返し処理を行い、合計領域に加算していく。かんたーん。

探索

サーチとも。調べ方によって処理時間だったり処理順序だったりが変わってくる。

探索とは

複数のデータの中から目的のデータを探す処理。

探索法

  • 逐次探索法
  • 2分探索法

の大きく分けて2つある。

逐次探索法

先頭のデータから順に条件を満たすデータを探す。

最初に一致した時点で探索が終了する。

2分探索法

予めソート済みのデータを対象とし、その前半 / 後半のデータを探索する。

ソート済み、という制限つきだがこちらの方が概ね短い時間で探索が終わる。

整列

ソートとも。ならべかえ。QMA的にはなべらえか。

整列とは

複数のデータを昇順 / 降順で並べ替える処理。

整列法

大きく3つらしい。

等に関しては今回は触れないっぽい。

qiita.com

この記事が面白い。

基本選択法

[3, 5, 1, 4, 2]という配列があったとして、昇順で並べ替える場合の処理順は以下。

  • 35を比較
  • 31を比較 → 入れ替え
    [1, 5, 3, 4, 2]
  • 14を比較
  • 12を比較
  • 1の場所が確定
    [*1, 5, 3, 4, 2](*は場所が確定している要素とする)
  • 53を比較 → 入れ替え
    [*1, 3, 5, 4, 2]
  • 34を比較
  • 32を比較 → 入れ替え
    [*1, 2, 5, 4, 3]
  • 2の場所が確定
    [*1, *2, 5, 4, 3]
  • 54を比較 → 入れ替え
    [*1, *2, 4, 5, 3]
  • 43を比較 → 入れ替え
    [*1, *2, 3, 5, 4]
  • 3の場所が確定
    [*1, *2, *3, 5, 4]
  • 54を比較 → 入れ替え
    [*1, *2, *3, 4, 5]
  • 4の場所が確定
    [*1, *2, *3, *4, 5]
  • 5の場所が確定
    [*1, *2, *3, *4, *5]

もう書きたくない。計算量はO(n^2)。大変そう。

単純交換法(バブルソート)

隣り合う要素同士を比較して交換する処理を繰り返す。
こちらも計算量オーダーはO(n^2)となるため遅い。

https://wa3.i-3-i.info/word14886.html

ざっくりわかる解説。

基本挿入法(インサートソート)

www.codereading.com

リストに対して値を挿入する箇所を探索する、という処理を繰り返す。

マッチング

まいっちんぐではない。疲れてるのかしら。
私もマッチングして欲しい

マッチングとは

2つのファイルのキー項目を突合せ、その結果によってデータを処理すること。

例えば「在庫ファイル」と「売上ファイル」から新しい「在庫ファイル」を作成する、といった処理。

グループトータル

要はSQLgroup by。この前書いたからそれでいいかなって。

文字列操作

文字列に対していろいろする。

いろいろって何さ

  • 圧縮
    スペース削除。
  • 探索
    山口さんの存在箇所を探す等。
  • 置換
    田中田口に置き換える等。
  • 挿入
    (株)を会社名の前に挿入する等。

といった感じ。

まとめ

アルゴリズムの基本と、標準的なパターンについて。

今日のは長かったので後半が雑になってしまった気しかない。まぁ大体知ってるし…ということでひとつ。

ではまた。


  1. C言語JavaRuby等を想定。

【備忘録】 アジャイル開発発展

うぃろぅです。

vviilloovv.hatenablog.com

前回の続きの内容となります。今日も元気に参りましょう。

今日のテーマ

アジャイル開発 次の一歩

アジャイル開発を知る

  • アジャイル」は俊敏な / 機敏な と訳される
  • 「学習する」ことがゴールといえる
  • ユーザー部門と開発者が協調してプロジェクトを成功に導く、という特徴を持つ
    ウォーターフォールだろうが協調すべきでは
  • 使わない機能は作らないという決断を促すことがある
  • 「短い間隔」で「継続的」にリリースする

「要件が明確」で「要件がすることがなく」、「リリースまでの猶予期間が長い」場合はウォーターフォールが適している。

japanese.engadget.com

これは蛇足なので聞き流してほしいことなのだが、このプロジェクトに携わることになる人は頑張って強く生きてほしい。
エンドがgo.jpはホントに…ね。いや何とは言わないが。

XP

エクストリームプログラミングについてのあれこれ。

ペアプログラミング

ドライバとナビゲーターに分かれ、プログラミングに関係する全ての作業を2人で分担する。

常に会話をしながらナビゲーターが指示を出し、ドライバが作業をする。
一定時間で役割を交代して続けていく。

ペアプロFAQ

Q: 工数が倍になるのでは?
A: 工数は1.2倍程度、期間は0.6倍程度に収まる
これ以上かかる場合はやり方に問題がある

Q: ペアの決め方などコツはある?
A: くじ引きでもなんでもいい

Q: どのような効果があるの?
A: 問題が早い段階でわかる / スキル共有に効果的

開発準備

開発準備段階で利用できる手法を示していく。

計画ミーティング

  • リリース計画ミーティング
    ユーザーストーリーの相対見積もりを行い、ストーリーポイントを決める。優先順位付けも行う。
  • スプリント計画ミーティング
    タスクを洗い出し、理想時間見積もりを行う。

の2種類がある。

dojo.codebot.io

ユーザーストーリーって何よ、ということで。
「どうして」必要で、「何を」するべきなのかを明確に示す、ということがわかりやすく書かれている。読むべし。

相対見積もりと理想時間見積もり

  • ストーリーポイント: 相対見積もり
    基準値を1つ設定し、それよりもどれくらい重いか、どれくらい軽いかを相対的に評価して見積もる。

  • 作業時間: 理想時間見積もり
    作業内容を明確にし、その作業を終わらせるために必要な時間を見積もる。

良いユーザーストーリーの条件(INVEST)

  • Independent
    他のユーザーストーリーと独立していること
  • Negotiable
    交渉可能であること
  • Valuable
    有益であること
  • Estimable
    見積もり可能であること
  • Small / Size Right
    適切なサイズであること
  • Testable
    完成したことを検証可能であること

プランニングポーカー

なんか楽しそう(小並感)。

見積りのためだけじゃなかった! プランニングポーカーが開発チームとプロダクトにもたらす8の恩恵 - Appresso Engineer Blog

複数人で暗黙の理解を洗い出して共有する見積もり方法のこと。

「○○だからこの作業は重い」「××を使えばこの作業は軽くできる」といったディスカッションをすることで適切な見積もりができるということである。リーダー1人で全て見積もるより信頼性が高い気がする。

開発

開発で利用する手法を示していく。

タスクボード

ユーザーストーリーごとに実施するタスクを並べ、ToDoDoingDoneと遷移させていく。

バーンダウンチャート

残作業量を確認し、作業の進捗傾向を可視化するグラフのこと。

www.ryuzee.com

これを読むと全部わかる。すごい。
ちなみに私の会社PC環境だと「アップローダー」という理由でWebフィルタにひっかかるため全く参照できない。かなしい。

ふりかえり

PDCAでの「C」のあたり。

ja.atlassian.com

この手順どおりにやれば上手くいきそう。世の中には丁寧な資料が溢れている…感謝…。

「全員が参加している」ということが大事で、傍観者がいないようにしなければならない。

seleck.cc

解決する方法を話し合うためのフレームワークとして「KPT」がある。上記リンクが詳しい。
確かに問題点がわかったとしても「それでどうすりゃいいのさ」を話し合うことが重要。そりゃそうじゃ。

実践のポイント

  • ゴールは学習すること
    学習したチームは良いプロダクトを提供できる。
  • リリースしてフィードバックをもらう
    リリースしなければフィードバックをもらえず、フィードバックをもらえなければ学習できない。
  • テスト / ドキュメント作成は毎回実施する
    イテレーションごとに全ての作業を完了させる必要がある。マスト。必ず。リリース間隔が短いため品質保証はとても大事。
  • 品質保証の考え方
    戦略的に開発項目を決めることが重要。問題が顕在化した場合全ての見直しを行わなければならない。

まとめ

前回の内容に加え、実際の手法や発展的な内容についての学習だった。

実際にやってみるのが大事だと思う。チャンス探し中。

ではまた。

【備忘録】 アジャイル開発基礎

うぃろぅです。

なんだか久しぶりになってしまったe-ラーニング備忘録、続けていきます。

来週当たりからiOSアプリのプロジェクトに携わることになりそうなため今週で最後かも。

今日のテーマ

アジャイル開発 基礎編

アジャイル開発の歴史

  • 2000年ごろ~
    ソフト開発現場でブーム
    2001年に「アジャイルソフトウェア開発宣言」がまとめられた
  • 2010年ごろ~
    クラ独活サービスの隆盛とともに再注目
    開発技術の進化により環境が急速に整備され、期待が高まった

agilemanifesto.org

agilemanifesto.org

まずはこれを読もう。

最近のキーワード

  • UX
    ユーザーエクスペリエンス。良いユーザー体験のためフィードバックが重要。
  • リーンスタートアップ
    小さく作ったものを育てていく。最初のハードルを下げることが重要。
  • DevOps
    Development Operation の略。開発しながら運用していく。

某社のアジャイル開発の取り組み

社名を出していいのかわからないのでぼかす。

歴史のお勉強。私が所属している会社ではないため「そうですか」という感想。

アジャイル開発とは

設計・製造・テストを細分化することによって短いスパンでのリリースを継続してサービスを育てていく開発手法。

twitterでいえば

  1. つぶやく
  2. フォロー
  3. 画像添付
  4. 動画添付
  5. ライブ放送

のように優先順位をつけ、絶対に必要な機能を作った後で順次追加機能をリリースすることを続けていく。上記はただの例のためフィクション。

(フィードバック)・設計・開発・テスト・リリースの1サイクルを「スプリント」「イテレーション」と呼ぶことがある。

ユーザー部門と開発者が協調することが重要。そのため、「お客様の声」は大事な資産となる。同じ部署内でも連絡は密に。

アジャイル開発手法

  • リーンソフトウェア
    考えかた。先述。
  • XP
  • スクラム

キーワードはこの3つ。順に見ていく。

リーンソフトウェア開発

コスト・納期を固定してスコープを可変にする
「この期間でこのコストならここまでなら作れます」ということ。ログインとツイートはできるけど検索はまだ実装しないよ、とかそういうこと。

7つの原則

  • ムダをなくす
    価値を見る目を育てる必要がある
  • 品質を作りこむ
    開発しながらテストして品質を高める。レッツTDD。
  • 知識を作り出す
    自分たちのプロセスを改善していく。暗黙知を作り出そう。
  • 決定を遅らせる
    正確な情報を得てから本採用をしよう。
  • 速く提供する
    速く出して速くフィードバックを得ると素早く次に移れる。
  • 人を尊重する
    それはそう。
  • 全体を最適化する
    全体で見て整合性を図る。「図る」なのか「とる」なのかちょっとわかっていない。日本語難しすぎやしないか。

7つのムダ

  • 在庫のムダ
    リリースしていない作業(在庫)に意味はない。
  • 作りすぎのムダ
    余計な機能を作ってもどうせ使わない。
  • 加工そのもののムダ
    再学習のムダ。知識や経験をプロセスに組み込むべき。
  • 運搬のムダ
    引継ぎのムダ。伝わりやすい手法、ドキュメントを模索するべき。
  • 動作のムダ
    タスク切り替えのムダ。マルチタスク、できねえよなあ。
  • 手持ちのムダ
    遅れのムダ。ボールはすぐ投げよう。
  • 不良を作るムダ
    読んで字のごとく。どんどんテストしよう。

スクラム

「共通のゴールに到達するためにチームが一体となって働く」という方法論。

  • プロダクトオーナー
  • スクラムマスター
  • 開発メンバー

のチームで構成されている。

www.atmarkit.co.jp

5分でわかるシリーズ。5分ではわからなかった。つらい。

こうも「スクラム」という単語を見るとラグビーワールドカップを観たくなる。

そういえば今度携わることになりそうなプロジェクト、ラグビーワールドカップに間に合わせたいらしい。あと3ヶ月もなくない…??

準備計画

準備が大事。1ヶ月程度とって認識をあわせる、ということが重要となる。走り出したら止まらねぇからよ…。

プロジェクトの全体像を伝えるためのドキュメント一式のこと。バトルが始まったりはしない。認識のズレによってはバトルがあるかもしれないが、これはそれを防ぐためのもの。

passionate-po.hatenablog.com

qiita.com

テンプレート例。上手く活用しよう。

XP

eXtreme Programming の略。ライブはエクストリームスポーツなので似たようなものかも。違うか。

qiita.com

tracpath.com

めっちゃわかりやすくまとまってる…。

価値を実現するためにラクティスを実践する、ということを念頭に置いておく事が大事。決してプラクティスのためのプラクティスではない。ペアプロとか楽しいんだけどね。

CI

継続的インテグレーション(continuous integration)のこと。

サーバ上で毎日 / 毎時 / 毎分自動コンパイルして自動テストすること、と捉えておけばよい。

品質を担保するためにはコミットするには自動テストを通してからでなければいけない、ということだと思う。

SubversionとかJenkinsという言葉が出てきたのでこの講義が作られた時代の背景を感じられる。趣があるなあ。

FAQ

Q: ドキュメントは作らないの?
A: ムダなドキュメントは作らないが、必要なものに絞って作る

Q: 早く安くできるの?
A: 部分的に見ればそうかもしれないが、全機能を実装するとなると時間はかかり、コストもかかる

Q: 小規模開発向きなの?
A: 3~9人のチームを複数構成して開発する例もあるため、一概にそうとは言えない

Q: プロトタイプ開発と違うの?
A: プロトタイプはイメージをつかむためのものであるため、品質が全く違う

Q: 品質確保はどうするの?
A: 自動テストと手動テストを組み合わせることによって担保している

Q: 見積もりや契約はどうなっているの?
A: 準委任がやりやすい(請負がありえないわけではない)

Q: 追加要件が増えすぎたらどうするの?
A: 優先順位をつけて管理し、順次対応していく

Q: どんな要件が向いているの?
A: シンプルかつ変化する可能性が高い要件の場合に適している

まとめ

ウォーターフォールとの手法の違いを理解することが第一歩。
あとは上層部に納得してもらえる説明をすること
私の会社は多分まだまだウォーターフォールだよ。

ではまた。

【ライブレポ】 花澤香菜ツアー2019 -ココベース- 国内公演まとめ

うぃろぅです。

www.hanazawakana-music.net

2019年に4月に開催された花澤香菜さんのライブ、国内は愛知宮城大阪東京、海外は広州上海とありました。

その公演のうち広州以外の公演に参加したのでそのレポとか感想とかを書いていこうと思います。

こちらは国内公演のレポ。海外公演は別記事にします。多分。しないかも。

ライブタイトルは
SEIKA フレッシュ HY presents 花澤香菜 KANA HANAZAWA Concert Tour 2019 -ココベース-
長い。こうも長いとセトリ記事のリンクをTwitterに流す時の文字数制限が大変なんですよね。どうでもいいか。
ともあれ書いていきます。

はじめに

  • 個人の感想です。
  • MCでの花澤香菜さんの発言を佐橋佳幸さんの発言をとしています。
  • 本文中は常体で記載しています。
  • 親しみを込めて香菜ちゃん呼びしています。
  • 2019年2月にあったバースデーライブとセットリストが酷似しているため、感想が短い曲もあります。

vviilloovv.hatenablog.com

2月にあったバースデイライブのレポは上記リンクへどうぞ。1.4万字ほどあるので時間がある方向け。

セットリスト

セットリストにしたがって書いていきます。
セットリストは以下をご参照ください。

vviilloovv.hatenablog.com

レポ

1: マイ・ソング

夢の続きを見に行こうよ
新たなフェイズが僕を待ってる
胸の音が走り出すよ

今回のツアー、この冒頭の歌詞に全て詰まっている気がしている。
アーティストデビューした当初香菜ちゃんは

いつか武道館のステージで歌って、マネージャーを泣かすのが私の夢です!!

と言っていて、いざ武道館のステージに立ったのが2015/5/3(4年前!)のこと。

ch.nicovideo.jp

ちなみに当時のセトリはこちら。
この時のアンコール時に涙ぐんでしまった香菜ちゃんが

ずっとこのステージで歌ってみたいと思っていたのでとっても嬉しいです。(マネージャーに向けて)嬉しいかこのヤロー!!

というようなことを言っていたのがとても印象的だったのを覚えている。というか私も一緒にめっちゃ泣いた。
夢、という区切りとしては一旦ここで叶ってしまっているわけだ。

ではその夢の続きは?

ここからは私の予想となるが、そう考えた時にやはり挙げられるのは

  • アリーナ公演
  • 海外公演

あたりなのかなと。

武道館から4年経って、香菜ちゃんライブは某まとめサイト【悲報】ガラガラなんて書かれてしまうことからも窺えるように、満員御礼!とはいかなくなった。

少し擁護しておくと、今回のライブはアルバム先行予約者を対象に「ライブチケットを確実にご用意」という売り方をしていたため、見込みよりも大きめの箱を用意する必要があった。
それに加えて千秋楽の東京公演は新宿文化センターとアクセスしやすく、さらにはGWの3日めと都合がつけやすい人が多い、と好条件が重なっていた。そのため、「全通するほどじゃないけど新宿は予定も空けられるし(帰省/旅行ついでに)行こうかな」となった結果なんじゃないかなと。
めっちゃ早口で言ってそうって自分で書いていて思った。そうかもしれんね。

話を戻す。国内でのアリーナ公演が難しそうなのであれば、それでは海外公演はどうだろうか。
昨今は中国の会社のスマホゲーが日本にも多く進出してきていて、そのキャラクターの声優に香菜ちゃんが起用されていることも多くなってきた。少し前だとミラクルニキはまさにそれ。

そうして発表されたのが広州 / 上海公演である。
しかも上海公演の会場はメルセデスベンツアリーナ
これは夢の続きって言ってもいいんじゃない??

愛知・一宮公演はその最初の一歩である。楽しくならないわけがない。

閑話休題

マイ・ソングの話していたのになんでこうなったの??

国内公演では香菜ちゃんはギターを携えて登場し、見事な演奏を披露していた。

東京公演後のツイートを掲載するが、衣装はこの写真のもの。

2: Change!

この曲のコール部分、公演を追うごとに一緒に声を出している人が増えてきていたように感じられ、「そうだよこれがツアーだよな」などと考えていた。みんなで楽しい場所を作るのがライブってものだよね。

私と歌ってくれますか?

会場によっては楽器の音量がだいぶ大きくて最後のソロ部分が若干大変そうだったがご愛嬌ということで。

マイ・ソングとChange!は今後のライブでもちょくちょく歌われそうな盛り上がり曲。

3: パン

パンの歌い方がいつも楽しそうだからこの曲は何回聴いても楽しくなる。

やっぱり"ミルクフランス"の歌い方が好き。その後何人かと話して"ミルクフランス"派も何人かいた。やったぜ。

若干振り付けのある曲になっていたが振りコピするほどの振り付けではなかった。線引きが難しい。

4: おとな人間

けんけんぱっぱけんぱっぱ。

この曲の最後のコーラスも徐々にみんなの息があってきていて大満足。この曲を一緒に歌っている感、マラソンと通じるものがある。個人的にだけれど。

ツアーを追うごとに「この曲こんなに短かったっけ…?」ってなるのはなんなのだろう。テンション上がって毎回記憶を失っている説がちょっとある。いやもともと3分ちょっとの曲だから短くはあるが。でも1分くらいしか歌ってなくないってなる…ならない?

曲の最後に赤の衣装から白の衣装に早着替え。ダンサーの方々が後ろからマジックテープバリバリーみたいなイメージ。

MC

各公演共通

歌った曲の紹介の後、ギターの話。

花「マイ・ソングでは初めてギターに挑戦しました! 大丈夫?ちゃんと弾いてるように見えてた??」

一同拍手。

花「良かったー。みんなギター弾いたことある?? (パラパラと手が挙がる) おー、ポツポツいるね。私は中学の授業でしか弾いたことなくて、それ以来なんです」
花「だからほぼ初心者だったのね。そうしたら、佐橋さんが手書きのコード進行表を書いてくれて!!しかも手元をスマホで撮影した動画も用意してくれて。なんて素晴らしいんだってなったよね。あ、ギターの佐橋佳幸さんです(笑)」
佐「どうも佐橋です(笑) 香菜ちゃんも頑張って覚えたよね」
花「頑張りました…」
佐「面白かったのが香菜ちゃんに『手元見てないんですか!?』って訊かれたこと(笑)」
花「だって凄くない!?手元見てないんだよ!?」
佐「一応これが仕事だからね(笑) でもたまにチラッと見るよ、チラッと(多分冗談)」
花「あ、じゃあそれも技術なんですね(笑) ギターの方見ちゃうとマイクから遠くなっちゃうからそこを意識するのが大変でした。また挑戦したいと考えているのでその時は皆さんも暖かく見守ってくださいね(笑)」

一同拍手。新しいことに挑戦している人を応援しないわけがない。それが香菜ちゃんならなおさら。

愛知公演

ここから公演ごとに少し内容が異なるため、それぞれ書いていく。

花「私は2月で三十路になって。何か変わったかといえばそんなには変わらないんですけど、何か挙げるとしたら少しだけ思い切りがよくなりました。食べたことないものを食べてみたり、初めて入る服屋さんに入ってみたり」

ポプテピの例のアレの後だったため、若干会場がざわつく。

花「(その様子を感じ取って)あ、今私が『服』って言うとざわつくよね(笑)」
佐「え、どういうこと?」
花「あ、いや、知らないなら知らないでも大丈夫なことなんですけど(笑)、後でお話ししますね(笑)」 花「念のために言っておくとアレは私の完全アドリブです。台本で言わされてるとかじゃないからね(笑)」

逆にアドリブでアレってのもパンチがすごいと思わないでもない。
詳細をご存知ない方は"ポプテピピック 花澤香菜"で調べれば一発。権利関係のためにここには貼らないので自己責任で。

愛知公演のみのMCはこんなところ。

宮城公演

花「一宮公演の時は緊張して開演前にパンを食べる余裕もなかったんだけど今日は食べてきました!!」
花「あとTwitterに書いたんですけど、これからは日常的なことも呟いていこうと思っているのでよろしくお願いします」

当該ツイートはこちら。

で、その後に呟いたのがこちら。なんというかセンスがガラケー

花「私が携帯と格闘して投稿したツイートをお楽しみいただければと思います(笑)」

本当にねえ。

花「一宮の話の続きなんですけど、ライブが終わった後はみんなで市内の方まで(おそらく名古屋)移動して打ち上げをしました。2次会も行ったんだけど、これが佐橋さんが見つけた音楽バーみたいなとこでね。もうすっごくおしゃれ」
佐「みんな密かに心配してたんだけどかなりお喋りしてたのに全然声枯れてないよね(笑)」
花「こういうのもなんですけど仕事柄声帯だけは丈夫なんです(笑)」

確かにお仕事お休みしてる印象がない。すごい。

花「名古屋、というより愛知でも美味しいお酒が飲めて大満足だったんですけど、東北にも美味しい日本酒いっぱいあるよね??」

\一ノ蔵/ \浦霞/ 他いくつか…。

花「一ノ蔵!名前聞いたことある!! 浦霞は飲んだことある!! 美味しいよねぇ〜あのお酒」

もはや飲酒声優である。スフィアも最近打ち上げで飲んだ酒の話ばっかりしているし私は酒飲みが好きな可能性が微レ存…?
というか好きな人が気づいたら酒飲みになっていたパターン。唯ちゃんはそうはならないと信じているからよろしく頼むな。

花「あとは中国の広州と上海公演の話をちょっとしますね。中国公演は前からやってみたいと思っていた公演で、念願が叶ったので嬉しかったです。みんな日本語の勉強をしてくれてたのか日本語で『頑張ってー!!』とか言ってくれるのよ。すごいよね。星空☆ディスティネーションを歌ったんだけど、コーラスみんな日本語で歌ってくれて、内心『すげえ!!』って思ってた(笑)」

確かにすごかった。詳細は上海レポの方で。

花「あと上海では中国語の曲のカバーをさせてもらったんですけど、周杰倫(ジェイ・チョウと読むらしい)さんの"告白氣球(こくはくききゅう)"っていう曲でね。これがまたいい曲なのよ」
佐「こんな感じだっけ(メロディーラインを弾く)」
花「そうですそう!! (ワンフレーズ歌う)」
佐「よく覚えてるね(笑)」
花「めっちゃ練習したんですよ(笑) 日本のカラオケにも入ってて、"こくはくききゅう"で検索したら出てくるからみんなも覚えて歌ってみて!!(笑)」

英語の曲なら私も歌うことはあるけれど中国語はちょっとハードル高め。でも花澤勢なら歌えるようにするのがマナー…?(ぐるぐる目)

www.youtube.com

公式動画がこちら。メロディーだけ追っていても心地良い曲なので覚えてみては?

花「中国はトラブルがいっぱいあってね。まず機材がギリギリまで来なかった」
佐「いや本当にヒヤヒヤしたよね」
花「そうなんですよ。スタッフさんはしっかり仕事していてくれて、ビジネスで持ち込む荷物の申請をちゃんとしていたはずなのに税関をなかなか通過しなくて。それで空港の方に問い合わせても聞いてないって言われちゃうし」
佐「リハーサルの時はまだ機材届いてなかったんだよね」
花「そうそう。それでいざって時でもなんとか演奏はできるようにってスタッフの方が中国の業者に頼んでギターを借りてくれたんですよ。でもそのギターの色が…なんというかパステルカラーのすごく可愛い感じの色合いで」
佐「俺絶対そのギター本番で弾きたくないよイメージに合わないよーってごねてたよね(笑)」
花「言ってましたね(笑) ちょっとそれでステージに立ってる姿も見てみたかったんですけど、でも本番には間に合いました」
佐「なんかすっごく喋っちゃってる気がするけど、こんな感じで半分トークショーな感じで進めていくのでよろしくお願いします(笑)」
花「ごめんなさいすっかり話しこんじゃった(笑)」

中国はやっぱり緊張していたのだなと。もう喋る喋る。

花「そうだ、このツアーはコールアンドレスポンスもやっていくんだった」

男の子 → 女の子(香菜ちゃんの反応大きめ)と来て

花「バースデイの時も訊いたからこれも訊いておこう、外国から来た人!!」

\サウジアラビア!!/

花「出た!! サウジアラビアの人!! 本当にありがとうね!!」

バースデイの時にも来られていたサウジアラビアの方、再び。知り合いがライブ後に話したところによると出身はサウジアラビアでも現在は日本に滞在しているとのこと。東京公演にも来るということでこの後も言及する。
サウジアラビア出身の方は今日は友達を連れてきていたということで、ちょっとした話題になっていた。今回のツアーはどしどし前に出て欲しい。次回以降はもういいかな()

仙台公演のみのMCはこんなところ。長え。
そしてこの長さはこの後のMCにも影響を与える(後述)。

大阪公演

花「大阪は"ココベース"のリリイベで来て以来ですね。なのであんまり久しぶりって感じではないです(笑)」

直前に告知されたアレ。流石に仕事休めなかった。

花「私吉本新喜劇が好きなので大阪には個人的に来ることがたまにあります。この前は西梅田劇場で新喜劇見ました(笑)」

以前お渡し会の時に好きな座長を訊いたら「しげ爺とすっちー」って言われたんだけど辻本さん座長引退されて現在は誰推しなのだろうか。お渡し会外れて行けてないので今度どなたか機会あったら訊いといて(ぶん投げ)

花「佐橋さんの話になるんですけど、一宮の時にギターを弾いている佐橋さんと目を合わせて歌うことがあって。その時の佐橋さんの笑顔が…なんというか赤ちゃんの笑顔みたいなんですよね、純粋というか(笑)」
佐「僕もう60歳近いのに赤ちゃんはなんか違うんじゃないの(笑)」
花「そうですよね(笑)でもなんか見ていると幸せになる笑顔なんですよ(笑)」

楽しそうな人を見ていると幸せになるのは私も同じなので私は実質花澤香菜(とは)

花「仙台での公演が終わった後はみんなで立ち食い寿司に行ったんですよ。仙台駅に行ったことある人はわかるかもしれないんですけど、"牛タン通り"っていうのが駅ナカにあってね。その一角になぜかお寿司屋さんがあるのよ。そこのお寿司が美味しくって。仙台に行かれる方はぜひ行ってみて!!」

多分北辰鮨。また今度機会があったら行くか。

大阪公演のみのMCはこんなところ。

東京公演

花「この会場は去年の2月にあったライブぶりですね。だからついこの間ぶりって気がしちゃう」
花「でも三十路になってからコーヒー屋さんに行ったんだけどね。なんでか本当にわからないんだけどコーヒーを飲み込む時になんかうまく行かなくって『…グッ…コポォ…』って行っちゃって近くにいたお姉さんにすごく心配されちゃった(笑) でも私は三十路の人生を楽しんでます(笑)」

そのうちむせて「フォカヌポゥ」とか言いそう。ないか。

花「それと、音楽活動8年めになりました。皆さんの応援のおかげです。ありがとうございます」

"星空☆ディスティネーション"が2012/4/25に発売したため、ついこの間7周年だった。早いものだ。

花「今世間はゴールデンウィークということで10連休の人もいるらしいんだけど、みんな実際どうなの??」

\ワイワイガヤガヤ/

花「あーみんな一緒に喋らないで(笑)」

身内 \明日から3日間仕事ー!!/

花「明日から3日間仕事!? お疲れ様です…!! みんな『頑張れ』って言ってあげて!!(笑)」

完全に聞き覚えある声で連番者とめちゃくちゃ笑ってしまった。頑張ってほしい。

花「あとそうだ、大阪の打ち上げも楽しくてね。おばんざいを食べたんだけどそれにインゲンが乗ってて、佐橋さんとかが『おとなインゲン!!』とか言うのよ(笑)」
佐「おじさんだからね、言いたくなっちゃうんだよね(笑)」
花「そんなことばっかり言うもんだからずっと笑っちゃって(笑)」

続いてコールアンドレスポンス。男女からの外国の人。
\北京/ \香港/ \タイ/ \サウジアラビア/

花「出た!! サウジアラビア!! 他の国の人もみんな来てくれてありがとうね」

サウジアラビアインパクトがものすごいせいで霞んでしまっているが海外ってだけで十分すごい。
上海に言ったあとだから余計にそう感じる。

花「あとは中国の話ね。中国の方々もすごいのよ。みんな日本のアニメを見てくれているみたいで。それこそ『リーボンー』って一緒に言ってくれたりするのよ」

コールのチョイスなんでそこなん…?
東京公演のみのMCはこんなところ。

全公演共通

花「今回のアルバムは"ココベース"というタイトルで、私の音楽のベースになっている方々に佐橋さんが声をかけてくださって実現しました。すごく豪華な方々にご協力いただいているので歌っていてとてもテンションが上がります」

概ねどの公演でもこのような内容だった。

花「ここからはアコースティックでお届けしていきます。まずはカバー曲を聴いてもらおうと思います。チャットモンチーの"染まるよ"を歌います」

花「この曲はですね。この前放送されていた恋のツキというドラマの7話で主人公がエンディングの時に口ずさんでいるんです」
花「そのドラマの映像監督をされている方が何人かいらっしゃるんですけど、その中の一人に"あたらしいうた"と"春に愛される~"のMVの監督をしてくださった酒井麻衣さんがいらっしゃって。なので歌いたくなったので歌わせていただきます」

大阪公演

花「この曲なんですけど、最近あたらしい楽しみ方を思いついたんですよ。みんなPSYCHO-PASSって知ってる??」
花「知ってる?? 良かった。その作品で私は常守朱って役をやってるんですけど、その朱ちゃんがあの人に歌ってると思って聴くのよ。私これを思いついた時『うわぁ〜〜〜』ってなったのでそれ以来そのイメージで聴くようにしてます(笑)」

音MADみたいなこと言ってる…。誰かが作ってくれるはず。どなたかよろしくお願いしますねー(他力本願)。

5: 染まるよ

以前のレポで長々と書いたのでそれ以上語ることもなく。

www.youtube.com

みんな原曲も聴こう。本当に良い曲だから。

常守朱ちゃんがタバコに火をつけてこの曲を口ずさんでいるイメージ、とんでもなく良い。発想がただのオタクじゃねーの

MC

バンド紹介。
概ねどの会場も同じような内容だったため、各会場での内容を織り交ぜて書いていく。

  • Dr. 高橋結子
    けっちゃん。中国公演のために就労ビザを取得したのだが、そのための写真がなかなか大変だったとか。特に髪型に関しての規定が厳しく、写真屋さんで最初に撮った写真はその規定にあっていなかったため再審査が必要に。
    写真屋さん側も気にしておかなければならないことだった、とのことで再撮影は無料だったとのこと。その代わりに「ビザ取得用の写真に関するダメな髪型の例」に写真を提供したとか。持ちつ持たれつ…なのか…?
  • Key. 齋藤有太
    有太さん。有太さんの周りには暖かい風が吹いているイメージだとか。自身が忘れ物大王のため、飲み会後には自分も含めて忘れ物がないか入念に呼びかけるらしい。香菜ちゃん曰く顔も中身も兼ね備えた真のイケメン。
  • Mani., Horns ゴンドウトモヒコ
    ゴンドウさん。ゴンちゃんとも。飲むと非常にお茶目になる方だそうで、ふらっと席を立ったかと思えば近くのスーパーで新玉ねぎを買って上機嫌で帰ってきたことがあるとか。どういうことなの…。
    振り付けがある曲の時は僕も演奏しながら一緒に踊りますよ! と飲みの席で言ってから有言実行している。自分の言ったことに責任を持つ大人、かっこいい。

花「次の曲はこのメンバーで、関取花さんに作詞作曲をお願いした"おしえて"を歌います」
花「関取さんは以前ラジオで歌を生歌を聴いた時になんて素敵な歌声なんだ、と思ってご一緒したいと考えていたんです」
花「この曲は私から関取さんにお願いして、『母親に向けて歌う』というテーマにしました。私、もう30歳になったんですけどこの歳になっても素直に母親に甘えられていないなって思うんです。なので、この曲は母親へのメッセージを素直に伝えられたらなと」

甘える下地がないまま歳をとるともう無理だよね。

6: おしえて

おしえておしえてあなたが今の私の頃
どうやってどうやって不器用な光を見つけたの

なるほど母親への問いかけになっていると。優しい歌声と曲調に、歌が一瞬で終わったかと錯覚する。
こういう曲を聴くためにツアー通っちゃうんだよな。多分次に歌うのは数年後なんだろうな。また聴きたいものだ。

MC

ベースの井上富雄さんが再び登壇し、これで今回のバンドメンバーが再び揃う。

宮城公演

花「中国公演の時の話なんだけど、広州公演と上海公演の間の日に私は中国メディアの方に取材を受けていたのよ。それでバンドメンバーの皆さんは私が取材だった日は予定が空いたから、佐橋さんが中国でもおしゃれな飲み屋さんを見つけてみんなで飲みに行ってたんだって」
佐「良さそうなお店を見つけるのは得意なんだよね(笑)」
花「そのスキル私も欲しいです(笑) でね。バンドメンバーのみんなで飲んでる時の様子を私にメールしてくれたんだけど、その写真がね、ひどいのよ(笑) 中国にご一緒できなかったベースの(井上)富雄さんと私の写真がこう『修学旅行とかで欠席しちゃった人』みたいに集合写真の上の方にぽんぽんって貼られてるの(笑) あれtwitterに載せていいですかね?(笑)」

それがこちら。かなり雑コラだよこれ!!

やはり中国は緊張していたのか、宮城公演は香菜ちゃんが喋る喋る。

井上さん「えー登壇してそうそうだけど業務連絡です。巻けって(笑)」
花「あっごめんなさい!!次の曲いきますね」
佐「いいよゆっくりやろうよ(笑)」
花「ダメですよ、帰れなくなっちゃう人いるかもしれないし(笑)」

プロンプターに出るのではなくバンドメンバーから直接指示が来るの、新しい。

ということで次の曲へ。

7: Tact

2分ちょっとの曲のため、あっという間に終わってしまう。

三つ編み、というとやはり遠子先輩が浮かぶ。

note.mu

文学少女といえば、版画展開催記念で半年ほど前に新作SSが公開されている。読もう。尊いよ。

8: 春に愛される人に 私はなりたい

流石にそろそろこの曲に関しては書くことがないような気がしないでもない。

短いけれどイントロが好き。あと2番のコーラス部分。

まっすぐに 生きていくひとり

美しく 生きていく ひとり

のところで香菜ちゃんと一緒に人差し指を空に突き上げる振り振りコピをするととても楽しいからみんなもぜひ。

MC

花「ライブ最初の方でも早着替えしたんですけど、今回のライブは衣装にも注目してね!」

新宿では珍しく\回ってー/という声が上がった。そんなコール、まだ花澤現場に残っていたんだな…。

花「え? 回ってって?? 回らない!! ということで衣装のお話なんだけど…ってそういうわけにもいかないか(笑)」

回れ右して回れ左した。確かに回ってはないが後ろは向いた。なんだこれ中途半端に新しい…。

花「緑色っぽい衣装なんだけど、これは今回のスポンサーになってくださっているSEIKAフレッシュHYさんが洗剤の会社ということで、爽やかさをイメージしています」

衣装レポは…多分誰かしてるやろ。うん。

花「ツアーのリハーサルからそのままツアーが始まって、もう4月だけどお花見行けてないんですよね。なのでスープストックっていうスープの専門店で春野菜スープを週3で飲んで春感を満喫してます(笑)」 花「ここで30歳の目標を話したいと思います。2つあって、1つ目は『中国語を話せるようになる』です。中国の方とお話する機会があるときに、中国の方は日本語をしっかり勉強してくださっている方が多いんですよね。なので中国の方にも私の言葉で感謝の気持ちを伝えられるようになりたいな、と思っています。今はまだ発音を追いかけるだけで精一杯なので、自分の言葉で表現できるようになりたいな。それでね、私に中国語を教えてくれる女の子がいるんだけどその子がまた可愛いのよ。『発音大事なので発声の仕方よく見ててください』って言われてよく見ると見とれちゃったりするよね(笑)」

おまわりさんこっちです。

花「もう1つの目標は『肩の力を抜いて、色々なことに挑戦する』です。最近は中国でライブしたりとか、ナレーションのお仕事をさせてもらったりだとかでまだまだやりたいことはいっぱいあるなって。来年も再来年も楽しそうな挑戦ができそうなので皆さんも楽しみにしていただけたら嬉しいです」

花「あとこの前新幹線で移動してるときにぼーっと自分の手を見てたら気づいたんだけどね。小指の甲のところに黒子ができてたのよ。それで気になって調べたら『あなたは企画力があります。新しいことを始めると良いでしょう』って出てきたのね。だから何か思いついたら企画しようと思います(笑)」

私は中指の第二関節より手の甲寄りの部分に黒子がある。どうでもいいか。

花「ということでそろそろ次の曲。ミトンを歌います!!」

9: ミトン

ダンサーの2人(りさぴー、あやか)も登壇して振り付き。

ダンサーの方々のツイートにもある通り、ミトンを一緒に振るお客さんもいたとか。念のために断っておくと私ではない。花澤勢の身内ではあるが。

わかりやすく盛り上がる曲はやはり楽しい。毎回歌おう、な??

10: Brand New Days

どんちき♪└(^ω^ )┐♬┌( ^ω^)┘どんちき♪

以前冒頭のどんちき部分を使ってラップ作っていたツイートが話題になっていた。この曲リリースしてからもう5年くらい経っている気がするのに今になって…? という気はするけれどどんな形にせよ話題になるのはいいことだようん。

ラップパートがあるのが良い。撫子感あるよね。

11: 大丈夫

PVの振り付き。振りコピが楽しい。

特に語ることもなく。まぁしょっちゅう聴いているからね。

www.youtube.com

PVだけ貼っておく。

12: 25 Hours a Day

こちらはバースデイの時も歌った曲。ダンサーの方々がいたので若干振り付けがあった。

コーラス部分、みんなで歌いたいが歌える人が減っているため中途半端になりがち。みんな声を出そう。能動的にライブを楽しもう。

13: CALL ME EVERYDAY

もしもし曲。たまには「なんだ弊社の井口裕香か」とか言ってもええんやで。ちなみにその小ボケを披露したのはclaireライブの時だったか。過去に生きるオタク。

「もしもしタイム」はわかりやすい盛り上がりどころ。そろそろ"melody"を歌って花澤香菜に全力で「キライ!!」って言う機会を設けてほしい。普段言う機会全くないし。

2番の

でも そういうのって 重いかなぁ。。。

のところの言い方が好き。重くてもいいからどんときてほしい。おっと心の声が。

14: 恋する惑星

わかりやすく盛り上げにきている。ライブ終盤に盛り上がる曲が連続すると終わりの近さを感じて寂しくもなる…ならない??

大事な願いは たやすく  
口にしちゃダメさ  
言葉にした途端に 形を  
変えてしまうから こっそり育てようよ

確かに言葉にするとそれで満足してしまう、ということが往々にしてある。
とは言ってもたまに自分の目標を再確認しなければ現在地がわからなくなってしまって前に進めなくなる。なんて難儀な生き方なんだ。

これをやりたい、なんてことはいくらでも浮かぶけれど油断するとすぐに楽な方に流れてしまう、私の悪い癖(CV. 右京さん)

MC

花「今日は本当にありがとうございました!! とってもとっても楽しかった!!」
花「次で最後の曲です。聴いてください、"あたらしいうた"!!」

15: あたらしいうた

たたみかけてきている。あるいはライブをたたみにきている。

この曲、しょっぱなのあたらしいうたの入り方がライブによって結構違っていて、聴くたびにあたらしい顔を見ることができる。毎回あたらしいうたになっていると、きっとそういうことなのだと思う。

ふと気づくとこの曲もリリースしてから3年が経過していて。3年かぁ。

大丈夫なときなんて  
一瞬もないって  
気づいてしまわないように

この後に大丈夫なんて曲を出すわけよ。なるほどなぁ。

アンコール

16: 恋愛サーキュレーション

全キャラソンの中でも知名度が高い名曲。この曲聴くためだけにライブ来てくれてもいいんだよ。

物語フェスでは"もうそう♡えくすぷれす"も聴けたので撫子関係はもうコンプリートしたと言っても過言ではない。撫物語は…まだアニメ化してないからね。うん。

17: We Are So in Love

久しぶりに歌ったような気がする曲。

サビのコーラス部分、歌詞を忘れがち。でもアダムとイブだけはしっかり言える。これってトリビアの種になりませんか??なりませんか。はい。

ディスティネーションズがバンドの時の末永華子さんのコーラスの声が好き。若干ピンポイント気味。

MC

物販の宣伝。ツアー終盤になると

花「物販の話をしようと思ってたんだけど…みんな身に付けてくれてるし多分私よりも詳しいからいいよね」

ってサボっていた。企画に携わっていない人の方が詳しいってことはないと思う。

また、今回のスポンサーであるSEIKA フレッシュ HYの紹介。
それつながりで「洗濯川柳」なるものを披露していた。そんなんだからバラエティ声優なんやで

  • 柔軟剤 洗剤逆に 入れてまう(愛知)
  • ちょっと誰!? ティッシュ入れたの 私だよ!!(宮城)
  • 侵入者!? 違うわ洗濯 回してた(大阪)

東京では詠んでいなかった。はず。

一番「あーわかる」って空気になっていたのは宮城公演で、確かにあるあるである。なんでティッシュ洗っちゃうとあんなに散らばるんだろうね。

yourmystar.jp

事後策としてはいくつかあるみたい。そもそもの予防が大事。何の話をしているんだ。

あとは打ち上げの話をしていた。最近ライブ終盤には酒の話しかしてない。私としてはそういうのもっとちょうだい、といったところ。一緒に歳をとるということはそういうことだと感じている。楽しい明日のために、美味しいご飯と美味しい酒の話をしよう。

花「今日は本当に本当に、ありがとうございました。本当に最後の曲です。私が作詞をさせていただいた、"Ready to go"を歌います」
花「この歌詞には今の私の想いがたくさん詰まっています。悩んでしまってどうしても前に進めないときでも、少しでも前に進みたいと努力していたら誰かがそれを見ていてくれる。そんな気持ちで書きました」
花「お仕事のことで悩んでいるときに、皆さんのお手紙やラジオのお便りでいつも力をもらっています。なので私からも皆さんにお返しをしたいといつも思っていて、私も勝手に皆さんを応援しています(笑)」
花「この曲の最後のコーラス部分は覚えやすいメロディになっているので皆さんも一緒に歌ってくれたら嬉しいです」

18: Ready to go

アンダンテ、という言葉がぴったりくる曲。まさに歩くように歌っていて、音楽と一体になっていることが強く感じられる。

この曲を聴くとライブも終わりか、という気分になる。香菜ちゃん曲には結構終わりを感じさせる曲があり、「あ〜〜今日も楽しかったな〜〜帰るか〜〜」という気分にさせてくれる。終わりよければ、というやつである。

MC

全員で前に出て挨拶。

東京のみ

花「はい! 私、星空☆ディスティネーションを歌いたいです!!」

ということで東京のみこの後に星空☆ディスティネーション。他会場は佐橋さんだけ残り"おやすみ。また明日"という運びとなった。

19: 星空☆ディスティネーション(東京)

東京公演でも"おやすみ、また明日"をこの後に歌ったため紹介順としてはこちらが先。

"コンサート"と銘打ってこの曲をメインのセットリストに入れていなかったのはおそらくこのツアーが初。毎回聴いているため、絶対に歌ってほしい曲ではなくなってしまったが、やはりないと寂しく感じるものである。

という事情もあり東京で聴けるのはやはり嬉しかった。確かな安心感がある。

だからといってたくさん語れるかといえばそういうことでもないのだけれども。とりあえず落ち着くよね。

20: おやすみ、また明日

もはや定番となりつつあるトークコーナーエンディング曲。

間奏部分ではパンの話やご当地のお土産の話をしていた。

大阪ではリュックにパンを入れていたからパンの香水いらず、という話をしていたような気がする。そしてそのまま顔から火が出ちゃうような失敗を~の歌詞を歌い出したため佐橋さんに「本当だよ!!(笑)」と突っ込まれる一幕も。

花「そうだよね、こんな感じで歌い出しちゃダメだよね(笑)」
佐「皆さんお気づきかとは思いますがそうなんです、ギター漫談なんです(笑)」

真面目な挨拶をした後歌い直していた。自由かよ好き。

おわりに

国内公演のMCまとめは以上。いくつか書けていない事があるような気がするが、網羅できていない自覚はある。でもたくさん書いたから許して。

今回のツアーは4月に全行程が詰め込まれていて非常に濃い1ヶ月となった。これでしばらくは落ち着けるかな、といったところ。香菜貯金に励もう。

最後に、ここまで読んでくれた方がいらっしゃったら最大級の感謝を。平成中に書き上げるつもりだったのに1ヶ月以上遅れちゃってごめん。

中国公演の様子は…多分書かないかな…。書いてもボリューム抑えめになるかなと。期待はしないでほしいとだけ。

今回のツアーも楽しかったなぁ、酒は美味しかったし海外にも行ったし。
次はどんな景色を見られるんだろうなぁ、私も頑張っていこうか、といったところで今回はここまで。またお会いしましょう。

ではまた。

f:id:vviilloovv:20190415001820j:plain

【備忘録】 「楽々ERDレッスン」を読む

うぃろぅです。

今日も今日とて備忘録。ですが今日はe-ラーニングではありません。読書です。 ここのところDBについて学習していたため、その流れで実践的な本を読みます。 所用と重なって読むのに4日かかってしまった、かなC。

Fjord BootCampのプラクティス対象にもなっているため、一石三鳥ですね。

今日のテーマ

楽々ERDレッスン (CodeZine BOOKS)

楽々ERDレッスン (CodeZine BOOKS)

「楽々ERDレッスン」を読む

とはいえ本の内容を詳細に書くわけにはいかないため、大事だと思ったことをいくつか記録しておく。

正規化について

業務視点から見た正規化が大事。
例えば「商品」と「単価」は従属しているが、セール等で割り引くことがあるのならば「商品」テーブルにも「明細」テーブルにも「単価」カラムを設定しておく必要があるよね、という話。
2つの「単価」は名前が同じでも指し示しているものが違う(設定価格と実売価格)ため、むしろ両方に設定してしかるべきであると。なるほど。

IDの重要性

主キーに「○○コード」を設定することが多くある。
たとえこれがユニークだとしてもコード体系が変わる可能性が0でないのであれば、この値は外部キーとして設定するべきではない。郵便番号ですら5桁から7桁になったのだから恒久的に変わらないという保証 はどこにもない。
確かにそのとおりで、そうなってしまうのであれば「○○コード」とは別に「○○ID」を定義するべきなのである。すなわち識別子(アイデンティファイア)。これならコード体系が変わっても大丈夫。どんどん疎結合にしよう。

標語

One Fact In One Place

1つの事実は1つの場所へ。

正規化のコツは「いかに無理なく無駄なくするか」を念頭に置くこと。
この「無駄なく」が曲者で、先ほどの「実売価格」や例えば「セット価格」のように、「事実を重複なく記録できる」状態になるように正規化しなければ「作業の無駄」が生じてしまうことになる。重複項目のように見えるが事実を記録する上で必要な項目なため重複はしていない、とそういうことになる。

可逆性に注目する

可逆性のあるものは項目削除としてよいが、不可逆性のあるものは項目として設定しないと正規化とはいえない。

2部

2部は歴史のお勉強が主な内容となっている。成り立ちから必要性を明らかにしていくわけである。
こちらは詳細に書くような内容ではないため割愛。

3部

3部がこの本の核となっている。とてもわかりやすい(小並感)。

実際に表組みになっている用紙や入力欄を見かけたらDBに落とし込んでみようよ、という試み。

手順

  1. イベント系
    「予約」とか「注文」とか、入力結果が最終的に何をするものなのかを見出す。
  2. リソース系
    「誰が」予約 / 注文するのか、「何を」予約 / 注文するのか、といった風に主語や目的語を見出す。
  3. 項目追加
    作ったテーブルに項目を追加していく。
  4. 識別子追加
    何はともあれ識別子を追加する。
  5. リレーションシップ設定
    外部キーは識別子を対象にしてリレーションシップを設定していく。
  6. 完了!!

ざっくりこの流れに沿えば数分でER図が完成する。私はまだ数分では終わらないので基礎連を重ねて基礎体力を身につけていく所存。

「~日」と語尾につけて違和感がないのはイベント系、「~名」と語尾につけて違和感がないのはリソース系と判断できる。「予約日」「予約者名」と考えるとなるほど、となる。

ファーストフードが難しい

実際にSQL Fiddleあたりを使ってやってみると、第3回のファーストフード店レシートがなかなか曲者。セットがあるわここで食べるか持ち帰るかの選択肢があるわレジナンバーも管理するわでもうね。てんやわんや。順番に基礎力をつけるべし。

ファーストフードのセット商品の表示に若干手間取ったため、実際に作ってみた。これが美しい形なのかは不明。自己参照は慣れが必要。

導出項目と向き合う

ガス料金、電気料金の例では導出項目の排除がポイントとなっている。読み進めていくと「確かにそうだな」となってシンプルな形に落ち着くが、自分で手を動かしてみると全くそうはいかない。基礎体力、つけよう。

4部

付録。SQLについてのあれこれ。
簡単そうに見える処理でも内部的には多くの処理が走っているんだよ、という話。
「書き順」についても触れられていて、処理順に沿って書くと可読性が上がる。心がけよう。

さらにRDBMSボトルネックについて。最近はネットワーク自体がボトルネックとなってきていて、そのことから「NoSQL」という考え方が広まりつつある。私は詳しくないため詳しく書かれている記事を以下に貼っておく。

qiita.com

まだまだ学びが溢れているなあ。

まとめ

この本、非常に実践的でためになる。実際に手を動かすのが一番の勉強になるため、これからもサクサク手を動かしていこうとなる良書だった。

DBまわりの座学はいったんこんなところかなあ。

ではまた。